トップ > 病気の話 > 糖尿病 > 糖尿病は怖い病気?

糖尿病は怖い病気?

糖尿病の合併症の話ばかり聞くと、糖尿病は怖い病気に思えてきます。

たしかに、糖尿病は放っておくと怖い病気です。 知らない間に、さまざまな合併症が進んでしまい、気がついたときには、かなりひどい状態になっている、ということがあります。

逆に、症状があまりない病気なので、血糖値、血圧、コレステロール、中性脂肪をよくコントロールし、合併症を防いだり、合併症が出てもあまり進まないようにすれば、糖尿病がない方と同じ健康な生活を送ることができます。

が大切です。

合併症がひどい状態にならなければ、糖尿病は怖い病気ではありません。

糖尿病に無関心で、放っておくと、糖尿病は怖い病気に変わってしまいます。

やまもと内科クリニックは糖尿病診療に力を入れております

同じ糖尿病でも、病態は千差万別です。

従って、もっとも効果的な治療法も、一人一人、異なります。

ある人には良く効く治療法が、他の人には効きづらいということは、糖尿病の治療ではよくあります。

当院では、糖尿病専門医が診察し、一人一人に合わせたもっとも効果的な治療を提案します。

食事については、専門家である管理栄養士が栄養相談を承っております。

糖尿病のコントロールの良し悪しをみるための、HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)血糖値尿検査などの各種検査は院内で行っており、結果は、当日すぐにご説明致します。

糖尿病合併症、動脈硬化の進み具合を調べるために、尿検査心電図脈波伝搬速度検査(血管年齢を調べる検査)足関節動脈・上腕動脈血圧比など、各種検査機器を取り揃えて、合併症、動脈硬化の早期発見、早期治療に努めております。

一緒に治療していきましょう。


<太い血管の合併症(動脈硬化)の検査 糖尿病は怖い病気?  

目次