トップ > 病気の話 > 甲状腺の病気

甲状腺の病気(バセドウ病、橋本病など)

甲状腺とは

甲状腺は、のどぼとけのところにあり、甲状腺ホルモンと呼ばれるホルモンを分泌している臓器です。

甲状腺ホルモンには、さまざまな作用がありますが、一言でいうと「精神的にも肉体的にも体を活発にする作用」をもっています。

甲状腺の病気には、

  • 甲状腺ホルモンが多くなる病気
  • 甲状腺ホルモンが少なくなる病気
  • 甲状腺ホルモンは正常でも、甲状腺が腫れたり、腫瘍ができる病気

があります。

甲状腺ホルモンが多いか少ないかは、血液検査で調べることができます。

(1)甲状腺ホルモンが多くなる病気

甲状腺ホルモンが多くなると「精神的にも肉体的にも体が活発になります」。

具体的には、

  • いらいらする
  • 胸がどきどきする
  • 汗を多くかく
  • 暑さに弱い
  • 手が振るえる
  • 食欲が増える
  • 体重が減る
  • 軟便、下痢
  • 疲れやすくなる

などさまざまな症状が出ます。これらの一部の症状だけみられることもあります。

甲状腺のホルモンが多くなる病気は大きく次の2つに分類されてます。

1)甲状腺ホルモンが多く作られる病気

バセドウ病

プランマー病

中毒性多発結節性腺腫など

2)甲状腺の一部が壊れてしまう病気

無痛性甲状腺炎

亜急性甲状腺炎など

正確な診断が必要

このように、甲状腺ホルモンが多くなる病気には、さまざまな病気があります。

どの病気かにより、治療法も異なるので、正確な診断を受け、治療を進めることが大切です。

特に、バセドウ病の診断は大切です。

バセドウ病の治療には

  • 内服薬による治療
  • アイソトープによる治療
  • 手術による治療

があります。

バセドウ病でなければ、これらの治療は必要ありません。

それぞれの治療法には、メリットとデメリットがあります。

バセドウ病治療法のメリットとデメリット
  メリット デメリット
内服薬 外来で治療を始められる

治療期間が長い

副作用に注意が必要(特に薬を飲み始めて、2〜3ヶ月間)

アイソトープ 甲状腺ホルモンを確実に減らせることが多い

治療後に、甲状腺ホルモンが少なくなる可能性がある

妊婦、妊娠している可能性がある女性、授乳中の女性は治療を受けられない

治療後に、バセドウ病眼症が起こったり、悪くなったりする可能性がある

手術

早く治すことができる

甲状腺が大きい場合に適している

手術の合併症の可能性がある

手術の傷跡が残る可能性がある

日本では、内服薬による治療がされることが多いですが、治療期間は長期にわたることが多いため、最初の時点で正確な診断をつけておくことが大切です。

当院では、それぞれの治療法のメリット、デメリットをお話させていただき、治療法を決めていきます。最初は、内服薬で治療をして、その後、アイソトープ、手術に変更することは可能です。

(2)甲状腺ホルモンが少なくなる病気

甲状腺ホルモンが少なくなると、「精神的にも肉体的にも体が活発でなくなってしまいます」。

具体的には、

  • 脱力感
  • 倦怠感
  • 無気力
  • 汗をあまりかかない
  • 寒さに弱い
  • むくむ
  • 肌がかさつく
  • 便秘
  • 話し方がゆっくりになる
  • 脈が遅くなる
  • しわがれた声になる

などの症状が出ます。ときどき、「ぼけ」と間違われることがあります。

甲状腺ホルモンが少なくなる原因としては、橋本病が多いです。

その他、バセドウ病の手術やアイソトープでの治療後、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎の後期などでも、甲状腺ホルモンが少なくなることがあります。

治療は、甲状腺ホルモンの飲み薬で、甲状腺ホルモンの調節をします。

(3)甲状腺ホルモンが正常な病気

甲状腺に病気があっても、甲状腺ホルモンの量に問題はないことがあります。 橋本病の方は、甲状腺ホルモンが少なくなることもありますが、甲状腺ホルモンが正常な方もいらっしゃいます。 その他、甲状腺腫、甲状腺の腫瘍などがあります。

甲状腺の病気のまとめ

甲状腺ホルモンには、さまざまな作用がありますが、一言でいうと「精神的にも肉体的にも体を活発にする作用」をもっています。 甲状腺ホルモンのバランスが崩れることにより、精神的にも、肉体的にも、さまざまな症状が出てきます。

甲状腺ホルモンのバランスが崩れる原因となる病気もさまざまで、その病気により治療法も変わってきます。放っておいても、自然に治る病気もあります。

 

当院では、初期に正確な診断をし、不必要な治療を避け、必要な場合は速やかに治療を始めるように心がけております。

バセドウ病、橋本病、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症の初診の方は、お電話(0467-40-4976)で予約をおとりします。

再診については、会計終了後に次回予約をおとりします。

予約についての詳細は、予約についてをご覧下さい。

もちろん、予約なしで受診していただいても大丈夫です。