トップ > 病気の話 > 糖尿病 > 糖尿病と遺伝

糖尿病と遺伝

2型糖尿病と遺伝

2型糖尿病は生活習慣病と呼ばれていますが、生活習慣が悪い人が糖尿病になって、生活習慣がよい人はならない、というわけではありません。

糖尿病になりやすい体質を持っていると、同じ生活を送っていても、糖尿病になりやすくなります。

糖尿病になりやすい体質は、遺伝的にある程度決まっています。

遺伝因子と環境因子

糖尿病になるかならないかは、

  • 遺伝因子(生まれつきの体質)
  • 環境因子(運動不足・過食・肥満などの生活習慣、加齢、ストレス)

の両方の因子で決まります。

遺伝因子は変えることができないので、血縁者に糖尿病の方がいらっしゃる場合は、環境因子のほうを気をつけることが大切です。

同じ2型糖尿病でも、

  • 遺伝因子が強く作用して糖尿病になる人
  • 遺伝因子はあまり強くないが、運動不足、過食など生活習慣の乱れで糖尿病になる人

など、さまざまです。

遺伝の仕方は複雑

血縁者に糖尿病の方がいらっしゃると、糖尿病になりやすくなります。

両親ともに糖尿病の場合、40〜50%の確率で糖尿病になるといわれています。

しかし、遺伝の仕方は複雑で、まだ、完全にはわかっていません。


<糖尿病の分類 糖尿病と遺伝 糖尿病の診断>

目次