トップ > 診療設備 > 診療設備の紹介2

診療設備の紹介2

血管年齢・血圧脈波検査(CAVI;Cardio Ankel Vascular Index)

血圧脈波検査動脈硬化の進み具合、血管年齢を測定できます。

約5分で簡単に動脈硬化の進み具合(血管年齢)が診断できます。

動脈硬化が進み、血管が硬くなるとCAVI(Cardio Ankel Vascular Index)という値が高くなり、その値を測定することにより、動脈硬化の進み具合(血管年齢)がわかります。

手と足に血圧計、電極をつけて、胸に心拍音を拾うマイクをつけることによって検査できます。痛みはありません。

動脈硬化の程度を知りたい方に、おすすめの検査です。

動脈硬化をおこしやすい病気(高血圧、糖尿病、高脂血症など)、喫煙者、動脈硬化性疾患の家族歴がある方には、特に、お勧めします。

下記の足関節動脈・上腕動脈血圧比(ABI)と同時に測定できます。

動脈硬化はその他、頚動脈エコーで調べられます。

足関節動脈・上腕動脈血圧比(ABI;Ankle Brachial Pressure Index)

足関節動脈・上腕動脈血圧比閉塞性動脈硬化症の診断に必要な検査です

寝た状態で両腕、両足の血圧を測定すると、足の血圧がやや高い値になります。

ところが、足の血管に動脈硬化が起こると、そこから下流の血圧は低下し、足の血圧/腕の血圧の比(ABI)が低下します。

ABI値が0.9以下では、足の動脈に動脈硬化が起こっていること(閉塞性動脈硬化症)が疑われます。

閉塞性動脈硬化症になると、足が冷えたり、歩くと足に痛みが出たりします。ひどくなると、足に潰瘍や壊疽(えそ)を起こします。

ABIは、上記の血管年齢・血圧脈波検査(CAVI)と同時に測定できます。

頚動脈エコー

頚動脈エコー超音波で、首の血管を調べます。

頚動脈(首の血管)を超音波で調べ、動脈硬化の進み具合を判定します。

動脈硬化をおこす疾患(高血圧、糖尿病、高脂血症など)、喫煙者、動脈硬化性疾患の家族歴がある方は、検査を受けることをお勧めします。

2015年現在、頚動脈は連携医療機関で行っています。

動脈硬化はその他、血圧脈波検査(CAVI)足関節動脈・上腕動脈血圧比(ABI)、眼底検査で知ることができます。

自動血球計数装置

自動血球計数装置血液検査で、白血球数、赤血球数、血小板数を測定する機器です。

血液検査で、白血球数、赤血球数、血小板数を測定する機器です。気管支炎、肺炎、扁桃腺炎、膀胱炎、胆嚢炎、急性胃腸炎などの重症度の診断、貧血の診断に必要な検査です。

当院で血液検査をしていただき、数分で結果が出るため、当日すぐに結果をお話しすることができます。

自動CRP測定装置

自動CRP測定装置

CRPとは、気管支炎、肺炎、扁桃腺炎、膀胱炎、胆嚢炎、急性胃腸炎などの炎症が体内で起きている時に血液中で増加するタンパク質です。細菌などに感染すると一気に増えます。

抗生物質が必要かどうかを判定したり、抗生物質などの薬の効果を判定するために必要な検査です。

当院で血液検査をしていただき、数分で結果が出るため、当日すぐに結果を説明し、治療方針を決めることができます。

尿分析器

尿分析器

尿の中の蛋白、糖、潜血を調べることができます。

腎臓の病気、糖尿病性腎症、膀胱炎、腎盂腎炎を調べるのに必要な検査です。


  
<前のページ 次のページ>