トップ > 病気の話 > 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まったり(無呼吸)、呼吸が弱くなること(低呼吸)が1時間に5回以上あり、日中の眠気などの症状を伴う状態です。

睡眠時無呼吸症候群を適切な治療をせずに放置しておくと、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの病気を引き起こすことが知られています。また、日中の眠気のために、仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の原因になったりします。

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群の症状には、下記のようなものがあります。。

  • 睡眠中に呼吸が止まる
  • いびき
  • 昼間眠くなる
  • 熟睡感がない
  • 起床時に頭痛がする
  • 記憶力が低下する
  • 夜間、何回もトイレに行く

さらに、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などの病気になりやすいとの報告があります。

睡眠時無呼吸症候群の診断

睡眠中の呼吸状態、いびき、酸素飽和度、(血液に含まれている酸素量の測定)、脈拍数、脳波、眼球運動、筋電図などを測定することにより、診断します。

当院で使用している検査機器は、小型の装置で、睡眠中の呼吸状態、いびき、酸素飽和度、脈拍数、努力呼吸、体位、マスク圧、心電図を測定することができます。

検査機器(睡眠ポリグラフィ)をご自宅に持ち帰っていただき、ご自宅で簡単に検査を受けていただくことが可能です。

検査の結果、下記のCPAP療法が必要と判断された方は、当クリニックで治療を行います。

検査の結果から、より詳しい検査(脳波、眼球運動、筋電図などを同時に測定するより詳しい検査)が必要な場合は、入院が必要になります。当院では入院検査は対応しておりませんので、そのような場合には連携医療機関に紹介させていただきます。

睡眠時無呼吸症候群の治療

生活習慣の改善

  • 太っている方は減量しましょう
  • アルコールは、無呼吸を悪化させます。なるべく減らすようにしましょう。

CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)療法

CPAP療法とは、鼻マスクを装着して、鼻から空気を送り込む治療法です。鼻から空気を送り込むことにより、無呼吸を防ぐ治療法です。

CPAP装置をご自宅に持ち帰っていただき、夜、寝るときに使用します。睡眠時無呼吸症候群に対して効果が立証されている治療法で、ほとんどの方に適している治療法です。

その他、手術により狭い気道を広げる治療方法や、マウスピースを用いる治療法があります。

当院ではCPAP療法を行っております。

治療を行うメリットとしては、

  • 日中の眠気、いびき、起床時の頭痛、熟睡感の欠如などの症状の改善
  • 高血圧、糖尿病、心疾患などの改善、予防
  • 日中の眠気が改善されることによる事故(交通事故など)の防止

があげられます。

睡眠時無呼吸症候群のまとめ

睡眠中に呼吸が止まることにより、日中に眠気が起こるだけでなく、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などの病気になりやすくなると報告されています。

日中の眠気、いびきなど睡眠時無呼吸症候群が疑われる方は、まず、検査を受けることをお薦めします。

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は、CPAP療法により治療することができます。

当院での睡眠時無呼吸症候群の診療

睡眠時無呼吸症候群が疑われる方には、検査機器(睡眠ポリグラフィ)をご自宅に持ち帰っていただき、ご自宅で検査をしていただきます。

検査の結果、CPAP療法が必要と判断された方は、当クリニックで治療を行います。

より詳しい検査が必要な場合は、入院精査が必要になりますので、連携病院に紹介させていただきます。