トップ > 病気の話 > 糖尿病

糖尿病

当院の糖尿病治療の特徴

当院の糖尿病治療については、当院の糖尿病治療の特徴をご覧ください。

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の量(血糖値)が正常より多くなる状態が続く病気です。

のどが渇く、水分を多く飲む、尿の出が多いなどの症状が出ることもありますが、初期には症状が出ないことがほとんどです。

それでは、症状がでなければ放っておいて、大丈夫でしょうか?

答えは、「いいえ」です。

糖尿病で怖いのは合併症

高い血糖値が続くと、症状がなにもなくても、合併症が進んでしまいます。

糖尿病の合併症には

があります。

細い血管の合併症

糖尿病性網膜症

目の奥の網膜の障害です。

眼底検査で調べられます。

毎年、約3000人の方が、糖尿病性網膜症で失明しています。

糖尿病性腎症

尿を作っている腎臓の障害です。

尿検査、血液検査で調べられます。

毎年、約11,000人の方が新たに人工透析を始めています。

糖尿病性神経障害

神経の障害で、足のしびれ、痛み、胃のもたれ、がんこな便秘、下痢、ED(勃起障害)など、さまざまな症状が出ます。

細い血管の合併症は、糖尿病に特有の合併症で、3大合併症と呼ばれています。

太い血管の合併症(動脈硬化)

  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 脳梗塞
  • 閉塞性動脈硬化症(足の血管の病気、足の冷え、歩いたときの足の痛みなどが起こります)

太い血管の合併症は、糖尿病に特有の合併症ではありませんが、糖尿病の方は、糖尿病でない方とくらべて、2−4倍、起こりやすくなります。

合併症を防ぐのが治療の目的

これらの合併症を防いで、糖尿病がない方と同じように、健康を維持することが、糖尿病を治療する目的です。

すでに、合併症が出ていても、それ以上進まないようにすることが大切です。

糖尿病の合併症を防ぐには

血糖値を上手にコントロールすることにより、これらの合併症を予防したり、合併症が進行するのを防ぐことができます。

高血圧高脂血症(コレステロールが高い、中性脂肪が高い)がある場合には、高血圧、高脂血症の治療も大切です。

喫煙をされている場合、禁煙も重要です。

できるところから、少しずつはじめて、合併症を防ぎましょう。

一人一人にあわせた最も効果的な治療を

同じ糖尿病でも、病態は千差万別です。

もっとも効果的な治療法も、一人一人、異なります。

ある人には良く効く治療法が、他の人には効きづらいということは、糖尿病の治療ではよくあります。

お食事、運動を気をつければよい人から、最初からインスリン治療をした方がよい人までさまざまです。

飲み薬を使うにしても、効果的な飲み薬は一人一人異なります。

当院は糖尿病診療に力を入れております

当院では、糖尿病専門医が診察し、一人一人に合わせたもっとも効果的な治療を提案します。

糖尿病のコントロールの良し悪しをみるための、HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)血糖値尿検査などの各種検査は院内で行っており、結果は当日すぐにご説明致します。

食事については、専門家である管理栄養士が栄養相談を承っております。

糖尿病合併症、動脈硬化の進み具合を調べるために、尿検査心電図血圧脈波検査(血管年齢を調べる検査)足関節動脈・上腕動脈血圧比など、各種検査機器を取り揃えて、合併症、動脈硬化の早期発見、早期治療に努めております。

一緒に治療していきましょう。


  糖尿病のまとめ 糖尿病は血糖値が高くなる病気>

目次