トップ > 病気の話 > 糖尿病 > どうして血糖値が上がるのか

どうして血糖値が上がるのか

血糖値をあげるホルモンは複数あります。

しかし、血糖値を下げるホルモンはインスリンしかありません。

従って、インスリンがうまく作用していないと、血糖値が上がってしまいます。

インスリンがうまく作用しないのは、大きく分けて2つのケースがあります

  • インスリンが十分に出ていない
  • インスリンが出ていても、肝臓、脂肪組織、筋肉で、インスリンが十分に効かない

そのほかの原因でも血糖値が上がってしまいますが、ほとんどは

  • 「インスリンの出が悪い」
  • 「インスリンの効きが悪い」

のどちらかまたは両方が原因となって、血糖値が上がってしまいます。

糖尿病は「血糖値が高い状態が続く病気」ですが、糖尿病は一種類ではなく、原因により、大きく4つに分類されています。


<インスリンとは どうして血糖値が上がるのか 糖尿病の分類>

目次