トップ > 病気の話 > 糖尿病 > 太い血管の合併症(動脈硬化)

太い血管の合併症(動脈硬化)

太い血管の合併症とは、動脈硬化のことです。

太い血管が狭くなったり、詰まったりして、血液がスムースに流れなくなり起こってくる病気です。

太い血管とは、具体的には心臓や脳や足の血管のことです。

  • 心臓の血管に動脈硬化が起こると、狭心症、心筋梗塞になります。
  • 脳の血管に動脈硬化が起こると、脳卒中、脳梗塞になります。
  • 足の血管に動脈硬化が起こると、閉塞性動脈硬化症という病気になり、足が冷えたり、歩くと足に痛みが出るなどの症状が出ます。

軽症糖尿病でも動脈硬化を起こしやすい

細い血管の合併症とは異なり、動脈硬化は、糖尿病の人だけにおこるものではありません。

年齢とともにどなたにも動脈硬化は起こり、糖尿病、高血圧高脂血症、喫煙歴があると動脈硬化をより起こしやすくなります。

糖尿病の方は糖尿病でない方と比べて2〜4倍、動脈硬化が起こりやすくなります。 軽症糖尿病や、糖尿病予備軍(耐糖能異常)、食事の後の血糖値だけが高い人も、動脈硬化を起こしやすくなります。

糖尿病の方が、動脈硬化を防ぐためには、血糖コントロールはもちろん重要ですが、高血圧、高脂血症の厳格な管理が必要です。

太い血管の合併症(動脈硬化)も初期にはなかなか症状が出ないため、太い血管の合併症(動脈硬化)の検査を受けることをおすすめします。


<細い血管の合併症の検査 太い血管の合併症(動脈硬化) 太い血管の合併症(動脈硬化)の検査>

目次