トップ > 健康診断で血糖値が高いときの対処法

健康診断で血糖値が高いときの対処

健康診断では、通常、空腹時に採血が行われます。

空腹時血糖値は109mg/dlまでが正常値です。ただし、100-109mg/dlは正常高値といわれ、詳しく調べると、糖尿病の場合や糖尿病予備軍の可能性があります。

食後に健康診断を受けた場合は、空腹時の血糖値より高くなることがあります。食後の血糖値でも140mg/dlを超えていた場合は、詳しく調べる必要があります。

血糖値と一緒にHbA1c(1、2か月の血糖の平均を示す数字)が検査されていると、正常なのか、糖尿病予備軍なのか、糖尿病なのかがより良くわかります。

空腹時血糖値が100-109mg-dlの場合

空腹時血糖値100-109mg/dlは、血糖値が正常高値ということになります。正常範囲内ですが、血糖値がやや高めということです。

この範囲の方は、正常の方もいらっしゃいますが、糖尿病の方や糖尿病予備軍の方(境界型)もいらっしゃいます。

正確に診断するには、ブドウ糖負荷試験が必要になります。

ブドウ糖負荷試験を簡単に説明しますと、75gのブドウ糖を飲んでいただき、その後、30分後、60分後、120分後の血糖値を測定します。血糖値の上がり方をみると、正常なのか、糖尿病なのか、糖尿病予備軍なのかがわかります(詳しくはブドウ糖負荷試験をご覧ください)。

糖尿病でない方が、糖尿病になるときには、空腹時血糖値よりも食後血糖値のほうが先に上がってくることが多いです。空腹時血糖値が正常範囲内でも、食後の血糖値が高く、実は糖尿病ということはよくあります。隠れ糖尿病など呼ばれることもあります。

糖尿病を早期に発見するためには、空腹時血糖値だけでなく、ブドウ糖負荷試験を受けたり、食後に血糖値を測定したりすることも必要です。

空腹時血糖値が110-125 mg/dlの場合

空腹時血糖値が正常範囲を超えています。

糖尿病または糖尿病予備軍(境界型)と思われますが、正確な診断のためには、ブドウ糖負荷試験やHbA1cの検査が必要になります。

空腹時血糖値が126mg/dl以上の場合

糖尿病の可能性がかなり高いです。早めに医療機関を受診しましょう。 今回が初めてであれば、糖尿病でない可能性もありますが、糖尿病の症状があったり、HbA1cが6.5%以上であったり、すでに目に合併症が出ている場合は、糖尿病です。 HbA1cが6.5%未満で、症状がない場合でも、糖尿病の可能性が高いため、早めに医療機関を受診して、検査を受けて下さい。

空腹時の検査ではなく、食後の血糖値の場合

食後に採血をした場合、空腹時血糖値よりも高くなることがあります。食後1〜2時間で採血すると、血糖値が高くなりますが、その後は徐々に血糖値は下がります。

食後の採血であっても、血糖値140mg/dlを超えている場合は、医療機関を受診し、詳しく調べることをお勧めします。

ブドウ糖負荷試験を受けるかどうかの基準(日本糖尿病学会 編・著 糖尿病治療ガイドより)

ブドウ糖負荷試験を受けるべきかどうかは、下記を参考にして下さい。

ブドウ糖負荷試験が推奨される場合

1. ブドウ糖負荷試験が強く推奨される場合(現在糖尿病の疑いが否定できない)
  • 空腹時血糖値が110-125mg/dl
  • 随時血糖値が140-199mg/dl (随時血糖値は食後血糖値とほぼ同じ意味です)
  • HbA1cが6.0-6.4%(明らかな糖尿病の症状がある人を除く)
2. ブドウ糖負荷試験を行うことが望ましい場合(将来糖尿病を発症するリスクが高いグループ、高血圧、脂質異常症、肥満など動脈硬化のリスクを持つものは、特に施行が望ましい)
  • 空腹時血糖値が100-109mg/dl
  • HbA1cが5.6-5.9%
  • 上記を満たさなくても、濃厚な糖尿病の家族歴や肥満が存在するもの