トップ > 診療設備 > 診療設備の紹介1

診療設備の紹介1

心電図

心電図心電図は、心臓の病気の診断、治療に役立ちます。

心臓の電気的な活動をグラフの形で記録する機械です。

心臓の病気の診断と治療に役立ちます。

狭心症、心筋梗塞、不整脈の診断に必要な検査です。

ホルター心電図(24時間心電図)

ホルター心電図ホルター心電図は、24時間測定する心電図です。

24時間記録する心電図検査です。

普通の心電図の弱点は、記録時間が十数秒と短いことです。

時々、動悸がする(胸がドキドキする)、時々、胸が痛いという症状の場合、症状がないときに心電図検査を受けても、原因が分からないことが多くあります。

ホルター心電図は24時間装着していただきますので、症状があるときの心電図が記録できる可能性が高くなります。

胸に数枚の電極を付けていただき、記録機につなげて、服を着ます。そのまま普段と同じように生活していただき、翌日クリニックで、電極、記録機をはずします。

通常のホルター心電図ではお風呂に入ることができませんが、当院で採用しているホルター心電図は、お風呂に入ることができる防水タイプです

デジタルレントゲン装置

デジタルレントゲン装置

いままでのレントゲン写真と異なり、コンピューターによる画像処理を行っております。

それにより、目的にあったより良い診断画像を得ることができます。

肺炎、気管支炎、心不全、腹痛、腸閉塞、尿路結石などの多くの病気の診断に役立ちます。

腹部エコー

腹部エコー

おなかには、肝臓、胆嚢、腎臓、すい臓、脾臓などさまざまな臓器があります。腹部エコーではそれぞれの臓器の腫瘍の有無や、脂肪肝、肝炎、肝硬変、胆石、胆嚢ポリープ、腎結石、胆嚢炎、すい炎などの病気を調べることができます。2015年現在、腹部エコーは連携医療機関で行っています。

 

ヘモグロビンA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)

ヘモグロビンA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)

ヘモグロビンA1cは、1〜2か月前から現在までの平均的な血糖のコントロール状態(血糖の良し悪し)を調べる検査です。

1〜2か月間の血糖値が良いとヘモグロビンA1cは低い数字になり、1〜2か月間の血糖値が高いとヘモグロビンA1cは高い数字になります。

検査をする日の食事や運動などには影響されません。

糖尿病の治療がうまくいっているか知るために必須の検査です。

当クリニックでは3分で測定することが可能です。検査当日に結果をご説明いたします。

HPLC法という、より精度の高い方法で測定しております。

ヘモグロビンA1cについては、糖尿病関連検査ヘモグロビンA1cでもご説明しております。

ヘモグロビンA1cの評価
  不可
不十分 不良
ヘモグロビンA1c 6.2未満 6.2〜6.9未満 6.9〜7.4未満 7.4〜8.4未満 8.4以上

ページ :  次のページ>