トップ > 病気の話 > 高血圧

高血圧

血圧とは

血圧とは、血液が血管の中を流れるときに、血管にかかる力のことです。

心臓が収縮して血液を押し出しているときの最も高い血圧を収縮期血圧(最高血圧、上の血圧)と呼びます。

心臓に血液が戻ってきているときの最も低い血圧を拡張期血圧(最低血圧、下の血圧)と呼びます。

例えば、収縮期血圧(最高血圧、上の血圧)が135mmHg、拡張期血圧(最低血圧、下の血圧)が80mmHgの場合、血圧135/80mmHgと記載します。

高血圧とは

高血圧とは、血圧が高い状態です。高血圧では、血管に無理な力がかかってしまうため、血管がダメージを受けてしまいます。血管がダメージを受けると、血管がもろくなったり、動脈硬化がおこったりします。その結果、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞、腎不全などの病気になってしまいます。

高血圧はほとんど症状がない

血圧が高くなっても、自覚症状はほとんどありません。自覚症状がないところが、高血圧の怖いところです。 高血圧を治療する目的は、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞、腎不全などの高血圧の合併症を防ぐためです。

高血圧の診断は?

血圧が140/90mmHg以上の場合、高血圧と診断します。

家庭血圧の場合は、135/85mmHg以上の場合、高血圧とします。

高血圧の診断
家庭血圧 135/85mmHg以上
医療機関での血圧 140/90mmHg以上

高血圧の合併症と検査

高血圧と診断されたら、合併症を起こしていないか調べておくことが望ましいです。 高血圧の合併症も軽いうちは症状がほとんどありませんが、合併症の進み具合は検査を行うことである程度わかります。

一般的には、尿検査、血液検査、胸部レントゲン検査、心電図を行います。

動脈硬化の進み具合は、血圧脈波検査(CAVI)足関節動脈・上腕動脈血圧比(ABI)頚動脈エコーで調べることができます。

すべて、当院で検査を受けることが可能です。

検査の詳しい説明は、診療設備をご覧ください。

血圧の目標値は

血圧は140/90mmHg未満にしておくことが、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞、腎不全などの病気などの病気を防ぐために大切です。

若年、中年者、糖尿病の方、腎障害の方は、より低い血圧にしておくことが大切です。

血圧の治療目標値
  血圧の治療目標値
高齢者 140/90mmHg未満
中年者、若年者 130/85mmHg未満
糖尿病の方や腎障害の方 130/80mmHg未満
糖尿病性腎症の進んだ方 125/75mmHg未満

高血圧の治療法

  • 食事の塩分を制限
  • 適切な体重の維持
  • 適度な運動

により、血圧はある程度下がります。

血圧が十分に下がらない場合は、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞、腎不全などの合併症を防ぐために、お薬で血圧を下げます。

血圧を下げるお薬

血圧を下げるお薬は、多くの種類があります。

どのお薬が良いかは、高血圧以外の病気の有無や他に飲んでいる薬などにより変わります。

当院では、単に血圧を下げるだけでなく、一人一人に合った薬を選択するようにしております。

高血圧のまとめ

高血圧は自覚症状はほとんどない病気ですが、治療しないで放っておくと、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞、腎不全などさまざまな合併症がおこってきます。血圧をしっかり下げておくことで、これらの合併症はかなり予防できることがわかっています。

血圧が高い方は、自覚症状がなくても、ぜひ、受診してください。

当院での高血圧の診療

高血圧は、適切に治療しないと、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞、腎不全などさまざまな合併症がおこってきます。これらの病気は、高血圧だけが原因ではなく、高脂血症、糖尿病、糖尿病予備軍なども原因となります。これらの病気を持っている場合はあわせて治療することが大切です。当院では、これらの病気を持っているかどうかを早期発見し、早期に治療を始めるよう努めております。

また、動脈硬化が進んでいないかどうかを調べるために、下記の検査を必要に応じてまたはご希望に応じて行っております。

動脈硬化を調べる検査
血圧脈波検査(CAVI;Cardio Ankel Vascular Index) 全身の血管の動脈硬化がわかります
足関節動脈・上腕動脈血圧比 足の血管の動脈硬化がわかります
頚動脈エコー 頚動脈(首の血管)の動脈硬化がわかります
心電図 狭心症、心筋梗塞がわかります