トップ > 病気の話 > 糖尿病 > 糖尿病の診断

糖尿病の診断

糖尿病とは「血糖値が高い状態が続く病気」です。

診断のためには、血糖値を測ります。

下記のいずれかを確認できれば「糖尿病型」とします。

  • 随時(食事や採血の時間に関係なく)血糖値が200 mg/dl以上
  • 空腹時血糖値が126 mg/dl以上
  • 75gの糖を摂取したあと(ブドウ糖負荷試験)、2時間後の血糖値が200 mg/dl以上

たまたま、検査のときに血糖値が高かったという可能性もあります。

そこで、別の日に行った検査で、「糖尿病型」が2回以上あれば、糖尿病と診断します。

ただし次のうち1つがあれば、「糖尿病型」が1回でも、糖尿病と診断します。

  • 糖尿病の典型的な症状がある(のどが渇く、水分をとる量が多い、おしっこの量が多い、体重が減る)
  • ヘモグロビンA1c(NGSP)が6.5%以上(ヘモグロビンA1cは、最近1〜2ヶ月の血糖の平均値をあらわす検査値です)
  • 糖尿病性網膜症がある。

正常型でも糖尿病型でもない場合を「境界型」と診断します。

ブドウ糖負荷試験の判定基準
  正常 糖尿病
空腹時血糖値 110mg/dl未満 126mg/dl以上
2時間後血糖値 140mg/dl未満 200mg/dl以上
判定 両者を満たすものが「正常型」 いずれかを満たせば「糖尿病型」
正常型にも糖尿病型にも属さないものが「境界型」

ブドウ糖負荷試験の判定基準

ブドウ糖負荷試験の判定基準の図


<糖尿病と遺伝 糖尿病の診断 ブドウ糖負荷試験>

目次