トップ > 病気の話 > 糖尿病 > 太い血管の合併症(動脈硬化)の検査

太い血管の合併症(動脈硬化)の検査

太い血管の合併症(動脈硬化)は、全身のさまざまな血管に起こります。どこの血管の動脈硬化を調べるかによって、適している検査が異なります。

動脈硬化を調べる検査
血圧脈波検査(CAVI;Cardio Ankel Vascular Index) 全身の血管の動脈硬化がわかります
足関節動脈・上腕動脈血圧比 足の血管の動脈硬化がわかります
頚動脈エコー 頚動脈(首の血管)の動脈硬化がわかります
心電図 狭心症、心筋梗塞がわかります

それぞれの検査を組み合わせることにより、動脈硬化を早期発見することができます。

すべて、当院で検査を受けることができます。

血圧脈波検査(CAVI;Cardio Ankel Vascular Index)

約5分で、全身の血管の動脈硬化の進み具合(血管年齢)が診断できます。

詳しくは、血圧脈波検査(CAVI;Cardio Ankel Vascular Index)をご覧ください。

足関節動脈・上腕動脈血圧比(ABI;Ankle Brachial Pressure Index)

足の血管の動脈硬化を調べる検査です。

足の血管に動脈硬化が起こると、閉塞性動脈硬化症という病気になり、歩くと足に痛みが出るなどの症状が出ます。

詳しくは、足関節動脈・上腕動脈血圧比(ABI;Ankle Brachial Pressure Index)をご覧ください。

頚動脈エコー

頚動脈(首の血管)の動脈硬化を調べる検査です。

頚動脈(首の血管)を超音波で調べ、動脈硬化の進み具合を判定します。

詳しくは、頚動脈エコーをご覧ください。

心電図

心臓の血管に動脈硬化が起こって、狭心症、心筋梗塞などが起こっていないか調べることができます。

詳しくは、心電図をご覧ください。


<太い血管の合併症(動脈硬化) 太い血管の合併症(動脈硬化)の検査 糖尿病は怖い病気?>

目次