白衣高血圧と仮面高血圧

血圧測定

診察室血圧が140/90mmHg以上、家庭血圧が135/85mmHg以上の場合、高血圧症と診断されます。

高血圧の診断基準
診察室血圧 140/90mmHg以上
家庭血圧 135/85mmHg以上

診察室での血圧と家庭血圧は必ずしも一致しません。

白衣高血圧とは、診察室の血圧は高血圧でも、診察室以外で測った血圧が正常な場合のことです。

仮面高血圧とは、診察室の血圧が正常でも、診察室以外で測った血圧が高い場合のことです。

夜間寝ている間は、通常は血圧が下がります。夜間血圧が120/70mmHg以上であると高血圧です。

白衣高血圧と仮面高血圧
診察室血圧
140/90未満
診察室血圧
140/90以上
家庭血圧
135/85以上
(夜間血圧
120/70以上)
仮面高血圧 高血圧(持続性高血圧)
家庭血圧
135/85未満
(夜間血圧
120/70未満)
正常血圧 白衣高血圧

白衣高血圧

白衣高血圧とは、診察室で測った血圧が高血圧でも、家庭血圧が正常な場合のことです。

高齢になると、白衣高血圧が多くなります。

白衣高血圧は診察室血圧、家庭血圧ともに高い持続性高血圧と比べると、高血圧に伴う合併症は起こりにくいです。

白衣高血圧の方は、将来、持続性高血圧になる可能性があり、定期的に血圧を測定するようにしましょう。家庭血圧が正常範囲でも、少し高めの方は持続性高血圧になりやすいです。肥満やメタボの方も持続性高血圧に移行しやすいです。

白衣高血圧の方は、今すぐにお薬による治療は必要ありませんが、塩分を取りすぎないようにする、適度な運動をするなど生活習慣の改善に取り組んだほうが良いでしょう。

仮面高血圧

診察室血圧は正常でも、家庭血圧が高血圧の場合、仮面高血圧と診断します。診察室の測定だけでは、高血圧であることがわからず、本当の姿(高血圧)が仮面をかぶったように隠されているため、仮面高血圧と呼びます。

診察室では血圧が正常なため、発見されにくい高血圧です。仮面高血圧に気がつかず、放置しておくと、狭心症、心筋梗塞、脳卒中になってしまいます。

狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの起こりやすさは、仮面高血圧と通常の高血圧(持続性高血圧)で変わりありません。つまり、仮面高血圧は、治療が必要な高血圧です。この点が白衣高血圧と異なります。

仮面高血圧は下記のような方がなりやすいです。

  • 喫煙者
  • アルコールを多く飲む方
  • 精神的ストレスが多い方
  • 心拍数の多い方
  • 肥満・メタボの方
  • 糖尿病の方

仮面高血圧は、高血圧で治療中の方にもいらっしゃいます。診察室での血圧はよくコントロールされているので見逃される可能性があります。診察室の血圧だけでなく、家庭血圧を測るようにすると良いでしょう。

仮面高血圧は、血圧が上昇する時間帯により、早朝高血圧、昼間高血圧、夜間高血圧があります。

早朝高血圧

診察室血圧が140/90mmHg未満で、早朝の家庭血圧が135/85mmHg以上の場合、早朝高血圧と診断します。早朝高血圧には、夜間高血圧から引き続き高い血圧が持続するタイプと、朝方に急に血圧が上がるタイプ(モーニングサージタイプ)があります。

早朝高血圧の原因として、アルコール、喫煙、早朝の寒さ、睡眠時無呼吸症候群等があげられます。高血圧治療中の方は、朝まで降圧薬の効果が持続せず、効果が弱くなっている可能性もあります。

昼間高血圧(ストレス下高血圧)

家庭血圧は、朝と晩に測定することが多いです。

診察室血圧や家庭血圧が正常でも、職場や家庭でストレスにさらされている昼間の時間帯の血圧が135/85mmHg以上となる場合に昼間高血圧と診断します。

代表的なのは職場高血圧です。ストレスがかかる職場で測定した血圧が高い場合、職場高血圧と診断します。

夜間高血圧

夜寝ているときの血圧が120/70mmHg以上となる場合、夜間高血圧と診断します。通常、寝ているときは血圧が下がります。寝ている時に血圧が下がらないと夜間高血圧になります。

夜間の血圧は、1日の血圧を測定できる24時間自由行動下血圧測定(ABPM)か、あるいは夜間の血圧を自動的に測定できるタイプの家庭血圧計で測定できます。睡眠時無呼吸症候群糖尿病で自律神経障害のある方、心臓や腎臓の働きの低下などが夜間高血圧の原因になります。

家庭血圧を測定しましょう

白衣高血圧、仮面高血圧を診断、治療するためには、家庭血圧測定が欠かせません。また、家庭血圧と診察室血圧が異なる場合、家庭血圧を優先し高血圧の治療をします。

家庭血圧計には、指用、手首用、上腕用血圧計があります。指用は不正確で、手首用も不正確なことがあるので、上腕用血圧計がおすすめです。これから購入する方はぜひ上腕用血圧計を選択しましょう。