高脂血症 | 茅ヶ崎| 糖尿病専門医

茅ヶ崎市のやまもと内科クリニック

当院では、糖尿病専門医、総合内科専門医の院長が診察しております

茅ヶ崎市の糖尿病専門医、総合内科専門医のやまもと内科クリニック

やまもと内科クリニック

糖尿病内科、甲状腺、内科、循環器内科

無料駐車場完備(隣接のスーパー駐車場100台も利用可能)

茅ヶ崎市みずき2-8-1 TEL: 0467-40-4976

院長・医学博士:山本幸宏(糖尿病専門医総合内科専門医

茅ヶ崎市の糖尿病専門医、総合内科専門医のやまもと内科クリニック

糖尿病内科、甲状腺、内科、循環器内科

無料駐車場100台完備

茅ヶ崎市みずき2-8-1 TEL: 0467-40-4976

糖尿病専門医総合内科専門医

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 高脂血症・脂質異常症

高脂血症、脂質異常症

高脂血症、脂質異常症とは

高脂血症、脂質異常症とは、悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)、中性脂肪が増えたり、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が減ったりする病気のことです。

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)と善玉コレステロール(HDL-コレステロール)があります。

悪玉コレステロールが多いのも良くないのですが、善玉コレステロールが低いのも良くないのです。

悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)、中性脂肪が高いほど、また、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低いほど、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化性疾患が起こりやすくなります。

そこで、2007年度版動脈硬化性疾患予防ガイドラインから、高脂血症ではなく、脂質異常症と名称が変更されました。

脂質異常症とは悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪やnon-HDL-Cが多い場合や善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が少ない場合のことです。

脂質異常症とは

悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪やnon-HDL-Cが多い

善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が少ない

高脂血症、脂質異常症の診断

以下のうちいずれか一つを満たすときに、高脂血症、脂質異常症と診断します。

高脂血症、脂質異常症の診断基準
LDL-コレステロール 140mg/dl以上
HDL-コレステロール 40mg/dl未満
中性脂肪 150mg/dl以上
non-HDL-コレステロール 170mg/dl以上

高脂血症、脂質異常症の症状

自覚症状はほとんどありません。

しかし、放っておくと、さまざまな合併症を起こす可能性があります。

高脂血症、脂質異常症の合併症

悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)や中性脂肪やnon-HDL-Cが高い場合や、善玉コレステロール(HDL-コレステロール)が低いと、コレステロールが血管の内側にたまってしまい血管が狭くなったり、詰まったりします(動脈硬化)。

動脈硬化により、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などの病気がおこります。

脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などの動脈硬化性疾患を予防することが、高脂血症、脂質異常症の治療の目的です。

高脂血症、脂質異常症の管理目標

高脂血症、脂質異常症の治療の目標は動脈硬化を防ぐことです。

動脈硬化は、高脂血症・脂質異常症だけで起こるわけではありません。

ほかに、次のような状態で動脈硬化が起こりやすくなります。

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 耐糖能異常
  • 喫煙
  • ご家族に狭心症、心筋梗塞になった方がいる場合
  • 加齢

高脂血症、脂質異常症の管理目標値

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版で高脂血症、脂質異常症の管理目標が変わりました。

動脈硬化性疾患をどの程度起こしやすい状況かを考え、脂質の目標値を決めます。

リスク区分別脂質の管理目標値
治療方針の原則 管理区分 脂質管理目標値(mg/dL)
LDL-C non-HDL-C TG HDL-C
一次予防
低リスク <160 <190 <150 ≧40
中リスク <140 <170
高リスク <120 <150
二次予防
冠動脈疾患の既往 <100
(<70)*
<130
(<100)*
1.冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)になった方

上記表の二次予防の欄が目標値になります。

冠動脈疾患の方で、家族性高コレステロール血症、急性冠症候群(急性心筋梗塞と不安定狭心症)の場合や、糖尿病で動脈硬化のリスクが高い場合は、LDL-Cで70未満、non-HDL-Cで100未満を目標にすることを考慮します。

2.糖尿病、慢性腎臓病、非心原性脳梗塞、末梢動脈疾患の方

上記表の高リスクの欄が目標値になります。

LDL-Cは120未満が目標です。

  • 糖尿病
  • 慢性腎臓病
  • 非心原性脳梗塞
  • 末梢動脈疾患
3.冠動脈疾患、糖尿病、慢性腎臓病、非心原性脳梗塞、末梢動脈疾患のいずれでもない方

次の動脈硬化の危険因子をいくつ持っているか数えます。

  • 喫煙
  • 高血圧
  • 低HDLコレステロール血症
  • 早発性冠動脈疾患家族歴

早発性冠動脈疾患家族歴とは、第一度近親者で、冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)を発症したときに、男性55歳未満、女性65歳未満の方がいらっしゃる場合のことです。

これら危険因子の数、年齢で低リスク、中リスク、高リスクを決め、上記表で脂質の目標値を決めます。

脂質の管理目標設定
性別 年齢 危険因子の個数 分類
男性 40-59歳 0個 低リスク
1個 中リスク
2個以上 高リスク
60-74歳 0個 中リスク
1個 高リスク
2個以上 高リスク
女性 40-59歳 0個 低リスク
1個 低リスク
2個以上 中リスク
60-74歳 0個 中リスク
1個 中リスク
2個以上 高リスク

上記の方法は、簡易版であり、当クリニック(茅ヶ崎市のやまもと内科クリニック)では、より詳しい方法(吹田スコアによる予測モデル)を用いて、低リスク、中リスク、高リスクの判定を行っております。

高脂血症、脂質異常症の治療

食事療法と運動療法

まずは、食事のコントロールと運動です。

食事のカロリー摂取が多い方は、適正なカロリーに抑えます。

LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)が高い方は、コレステロールの摂取量を抑えます。

卵はコレステロールを多く含みます。その他、たらこ、いくら、ししゃも、レバー、バター、生クリーム、ラード、肉の脂身などを控えめにします。

お肉が多い方は、お肉をお魚に変えるといいでしょう。

中性脂肪が高い方はアルコール、単糖類を制限し、炭水化物を取り過ぎないようにします。

お薬での高脂血症、脂質異常症の治療

食事のコントロール、運動で改善しない場合は、お薬で高脂血症、脂質異常症を治療します。

血液中のコレステロールは食事で摂ったものだけではありません。コレステロールは体内(肝臓)でも作られています。むしろ、食事で摂るよりも、肝臓で作られるコレステロールのほうが多いです。

体内(肝臓)で作られるコレステロールの量が多いと、食事を気をつけても、なかなかLDL-コレステロール(悪玉コレステロール)が下がりません。

そのような方は、お薬でLDL-コレステロール(悪玉コレステロール)を下げることにより、動脈硬化を予防することができます。

高脂血症、脂質異常症のまとめ

高脂血症、脂質異常症は、LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪やnon-HDL-Cが高くなったり、HDL-コレステロール(善玉コレステロール)が低くなる病気です。

放っておくと、動脈硬化が進み、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などの病気になってしまいますが、食事、運動、お薬で治療することにより、動脈硬化を予防することができます。

どの程度まで、LDL-コレステロール(悪玉コレステロール)を下げればよいかは、すでに動脈硬化性疾患を起こしているかいないか、動脈硬化を起こしやすい要素を持っているか持っていないかで異なります。

検査の正常値まで下げればよいというわけではありません。

動脈硬化は高脂血症だけでなく、高血圧糖尿病、喫煙でも進みますので、あわせて治療することが大切です。

当院(茅ヶ崎市のやまもと内科クリニック)での高脂血症、脂質異常症の診療

高脂血症の治療の目的は狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化性疾患を防ぐことです。

高脂血症のほかにも、動脈硬化を起こしやすくする原因(高血圧、糖尿病、糖尿病予備軍)がないか必要な検査をします。高血圧、糖尿病、糖尿病予備軍が見つかった場合は、これらもあわせて治療をするようにしております。

高脂血症、高血圧、糖尿病、糖尿病予備軍は、私の専門分野です。

高脂血症、脂質異常症の方、健康診断でコレステロールが高い、LDL-Cが高い、中性脂肪が高いなどを指摘された初診の方は、お電話(0467-40-4976)で予約をおとりします。

再診については、会計終了後に次回予約をおとりします。

予約についての詳細は、予約についてをご覧下さい。

もちろん、予約なしで受診していただいても大丈夫です。