トップ > 病気の話 > 禁煙外来(チャンピックス、ニコチネルTTS)

禁煙外来(チャンピックス、ニコチネルTTS)

禁煙外来で用いる飲み薬(チャンピックス)を服用中は、自動車運転など危険を伴う機械の操作を避ける必要があります。

チャンピックスで治療中(通常12週間)は、自動車運転など危険を伴う機械の操作を避けていただくことになります。

(平成23年7月14日現在)

ニコチネルTTSにはそのような制限はありません。

禁煙外来とは

禁煙外来ではあなたの禁煙をお手伝いする診療をおこなっています。

意志が弱くてタバコがやめられないと嘆く方がいらっしゃいますが、実はそうではありません。ニコチンの禁断症状のためにやめられないのです。

禁煙外来では、ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)や飲み薬(チャンピックス)を用いて、ニコチンの禁断症状を抑えて、やさしく禁煙できるようにします。

当クリニックでは禁煙治療を保険診療で行えます

  • 一定の要件を満たした医療機関で
  • 一定の基準を満たす方

の禁煙治療を行う場合、健康保険が使えます。

そのため、一定の要件を満たせない医療機関では、健康保険等は使えず、自由診療のみで禁煙治療を行っています。

当クリニックでは、禁煙治療を保険診療でうけることができます。

下記の要件を全て満たす方は、禁煙治療を健康保険等で受けることができます。

  • ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)でニコチン依存症と診断された方
  • 1 日の喫煙本数×喫煙年数が200 以上の方
  • 直ちに禁煙することを希望している方
  • 禁煙治療を受けることに文書で同意できる方

禁煙補助薬

禁煙補助薬として、ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)または飲み薬(チャンピックス)を用います。

ニコチンパッチを用いると、禁煙の離脱症状を和らげることができ、禁煙率が約2倍高まります。

飲み薬(チャンピックス)を服用すると、禁煙の離脱症状を和らげるだけでなく、再喫煙時の満足感 も抑えられ、禁煙率が約3倍高まります。

禁煙しましょう

当クリニックで禁煙治療をご希望の場合、予約などは必要ございません。診療時間内にお越しください。

ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)、飲み薬(チャンピックス)ともに扱っております。

喫煙されている方は、ぜひ禁煙しましょう。